コスメティックにこだわるなら

THE BEAUTY

化粧品

コスメティックスの中でも化粧水は、お肌のケアの基本になるものです。
毎日習慣になっているので、何となく使っているとか、
朝は忙しいからバシャバシャつける、といった方も多いかもしれません。


しかし、化粧水は正しく使うと肌の調子がぐんと上がってくる
コスメティックスなのです。

ここでのケアがしっかりできるとその後につける乳液や
美容液の効果も変わってきます。

その浸透がぐっとアップするのです。
また、メイクののりも変わってきます。
化粧水をいかに肌になじませるかが非常に重要なポイントなのです。

望ましい


化粧水はコットンでつける方、手でなじませる方に二分されることでしょう。
コットンでつける場合には、パッティングを強くしすぎないよう気を
つけましょう。
コットンの細かい繊維で肌を傷つけてしまうことがあるからです。
また、手で付ける場合には、少し手を温めてから顔を包むようになじませると、
肌に良く浸透します。どちらも、やさしくていねいに。

 

あるいは、化粧水の働きに応じて付け方を変えるのもいいでしょう。
たとえば収れん化粧水や角質を拭き取るタイプのもの。
こうした化粧水の場合にはコットンを使用したほうがいいです。

試してみる

 

また保湿や潤いに重点をおいた化粧水の場合。この場合には、
手で直接付けることでバックの効果もあります。

どちらの場合も乳液などで上から保護してあげましょう。

 

コスメティックスの中には、4種類のクレイによって肌の汚れなどを
落とす事が出来てエイジングケアが出来る洗顔料もあります。

弱酸性で、肌を守る効果の高いクレンザーでエイジングケアを
しっかりとする事が出来ます。